Apple製品をいかにお買い得にできるか!?

正直な話、Apple製品は高いですよね。Apple信者としてはお布施代が結構きついです。今回はいかに、安く買えるか考えてみたいと思います。

スポンサードリンク



Apple整備品の活用

意外と知られていないのですが、整備品を活用する方法があります。よく間違えられやすいのですが、「中古品」とは違います。「中古品」は他人が使ったユーザーを買い取り業者が買い取り、それを店舗で販売しているものです。つまり一度が他人が使ったものを、その状態に応じた価格を設定して、販売したものです。

一方「整備品」は初期不良があったAppleが回収し、もう一度、内部構造から整備しなおしたものです。簡単にいえば「リフレッシュ品」です。中古品と違い、整備品は他人の使用感などはなく、ほぼ新品に近い状態です。またAppleの1年保証がついています。Apple商品は中古品に比べると、値下がり率は低いですが、ほとんど割引されることがないので、化粧箱にこだわりがない場合はおすすめです。

 

SIMフリーと中古市場

Appleの下取りの活用

スマホを機種変更や新規契約する場合、キャリアでは下取りをしてくれるサービスを行っています。店頭で機種変更や新規契約する場合は、対応している店舗であれば、その場合で査定してくれます。そして、査定額に応じた金額を、機種変更する端末から値引きしてくれます。オンラインショップや下取りに対応していない店舗は、例えばドコモの場合は、郵送キットで回収依頼をかけ、後日dポイントに変換されます。一方、Appleの公式サイトでも下取りサービスを行っています。

Apple Storeで商品を購入する場合は、その場で査定をしてもらい、購入する商品から現金値引きをしてくれます。またApple Storeで商品を購入しない場合やオンラインショップの場合は、下取りサービスに申し込み、郵送キットで回収してもらいます。そして、後日、申し込みの際に登録した、メールアドレスに「ギフトカード」が送られてきます。このギフトカードはAppleのオンラインショップで使えるのはもちろん、iPhoneでは「wallet」アプリの中にパスとして保存しておくこともできます。

下取りサービスを利用する場合は、下取り金額をよく確認して下さい。人それぞれの利用状況によって異なりますが、私自身としては、Apple製品をよく購入するので、Apple Storeの下取りサービスを利用します。今回はiPhone6s plusを下取りにだしたのですが、ドコモの下取りサービスより金額がよかったです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-15-36-29

 

意外と知られていないことを今回は簡単にまとめてみました。端末の状態などで、下取りサービスを利用したり、今回は触れませんでしたが、買い取り業者への売却など選択肢があります。その中で今回は、比較的ハードルが低い2点に触れてみました。ちなみに冒頭でふれた「整備品」は、欲しいものがあるかはそのときの状況によるので、気になる方はこまめにチェックしてみるのがオススメです。
スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧