Apple glassの開発か!?

ポケモンGOが世界的に大ヒットしましたよね。AR(拡張現実)をうまく取り入れて、現実の世界で、ゲームの中のトレーナーのように、「ポケモン」を捕まえるという擬似体験がすごいですよね。ただ、リリース直後の勢いはないですが、息の長いアプリになりそうです。12/7日はversion2のアップデートが予定されております。ここで簡単にまとめてみたいと思います。

①ゲームソフトでいう「赤・緑」に登場する伝説のポケモン5匹の追加

②ゲームソフトでいう「金・銀」のポケモンの追加。

③個人対個人の対戦機能の追加。

④ポケモンの交換機能の追加。

 

いよいよゲームソフトと同様の機能が追加されそうですね。私自身としては、ポケモン図鑑の追加が何より嬉しいです。version1だと、ポケモン図鑑完成させてしまうと、他に遊ぶ要素がジムくらいしかなく、プレイを続けるモチベーションは下がりますよね。しかし、ポケモン図鑑の追加で、また大変だとは思いますけど、新たなポケモンを集めようと頑張りますよね。さらにポケモン図鑑をコンプリートさせる要素で、交換機能は大変便利だと思います。ただ、この交換機能をどのような手段で行うのかが気になります。オンライン上で行うのであれば、世界中のユーザーを交換することができると思いますが、Bluetoothなど、スマホ本体の性能に依存するならば、近距離のユーザーとしか交換できませんよね。また、Apple WatchがポケモンGOに対応しますよね。ポケモンGOにApple Payで、Apple Watch一つもっていれば、ポケモンを捕まえる旅に簡単にいけますね。今から楽しみで仕方ありません。

 

スポンサードリンク




Apple glassの開発か

ポケモンGOではAR(拡張現実)を採用していますが、VR(仮装現実)もじわじわと人気がではじめていますよね。特に、VRはゲームやビデオコンテンツが楽しめるようになり、より身近な存在になっています。特に国内を始め、PlayStation VRの関連動画などが多いですよね。ただ遊ぶ環境としてはPlayStation4本体が必要なので、本体を持っていない人は初期費用としては10万円前後になるため、ちょっとハードルが高いですよね。ティムクックCEOはAR(拡張現実)に興味があると述べています。そこで、また話題としてあがってきているのが「Apple glass」です。最初、開発の噂が流れたのは、もう3年も前のことですが、今まで音沙汰がありませんでした。しかし、ここにきて再度話題に上がりつつ、またiPhone8もARに対応するのかという情報があるので、Apple glassの登場に期待したいところです。ただ、Google glassが廃止に追い込まれた経緯がありますから、Appleがどのようなコンセプトと機能を訴求してくるのか楽しみですよね。

 

ポケモンGOを通して、より身近な存在となったARの機能は、エンターテイメントの分野では無限の可能性があります。Xperiaのカメラ機能にも、恐竜と一緒に写真がとれるAR機能がありますし。ただ、生活をより便利なものにするためにというコンセプトだとGoogle glassと差別化がはかれないようにも思えます。Apple Watchをはじめ、このようなウエアラブル端末に明確な立ち位置を与えてあげることで、人々を生活に進んでとりいれていくと思います。まずは、Apple glassの続報に期待したいと思います。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧