Bluetoothイヤホンセッドと通話

iPhone7シリーズがイヤホンジャックを廃止したことで、Bluetoothイヤホンがさらに注目されるようになっている。様々なメーカーから様々なタイプのイヤホンが販売されている。筆者は普段、2つのイヤホンヘッドセットを使っている。1つ目はBeats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンである。2つ目はSONY製のMDR-EX750BTである。今回は、この2つのことにふれたいと思う。
スポンサードリンク




SONY製のMDR-EX750BTの良し悪し

筆者は普段、通勤の時に使う。主に音楽を聞くためである。電車内や移動中で雑音が多い場合は、SONY製のMDR-EX750BTが重宝する。インイヤー方式のイヤホンに共通して言えることだが、耳栓式になっているため、雑音が入りにくく、音楽に集中しやすい。普段、iPhoneとペアリングをしているため、このイヤホンの特徴である、デジタルノイズキャンセリングの恩恵を受けていないがそれでも十分である。また音量をそれなりに大きくしても音漏れをしにくい。さらに、普段、電話をする時にも愛用している。ガラケーの時代から、有線式ではあったが、イヤホンマイクで通話をしていた。今では、スマートフォン本体を持った状態で電話するのがストレスになる。SONY製のMDR-EX750BTはマイクの位置が丁度、首元にあるため、しっかりとこちらの声を認識してくれる。また、外出時など、こちらの雑音もある程度しっかりカットしてくれるため、聞き取りづらいなど相手方に不快な思いをされる割合も少ない。一方、人の声には敏感であり、道端ですれ違った人の声をしっかり認識するなど、長所であり短所となっている。電池持ちとしては約6時間で、筆者の使い方だと3日程度は充電しなくても持つ。また、この機種はハイレゾに対応している。本格的なハイレゾを楽しむには、多少物足りなさを感じる人もいるだろうが、約2万円前後で購入できることから、エントリーモデルとしては十分である。またXperiaとペアリングすれば、Xperiaに搭載されているDSEE HXの機能で、CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ音源相当に変換してくれるため、ハイレゾ対応の曲を購入しなくても、気軽にハイレゾを体験することができる。細かいことではあるが、この機種は、コードの部分が短く、イヤホンが絡まるということはなく、ストレスなく使える。

 

AirPodsの出荷は年内に開始か!?

 

SONY製のMDR-EX750BTとBeats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォン

ここからは主観になってしまうが、両者の違いにふれてみたいと思う。まず、音質である。Beats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンはその形状からも、オーバー式のため、音量を上げると音漏れがしやすい。また、デジタルノイズキャンセリングを搭載しているが、SONY製のMDR-EX750BTに比べると雑音が気になる。気になる人は気になるかもしれないが、デジタルノイズキャンセリングの効果で、曲と曲の切れ目の時、ザーとノイズのような音がする。メインの音質についてだが、Beats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンは全体的にバランスが良い音を奏でてくれる。SONY製のMDR-EX750BTに比べると低音がしっかりしているが、反面、高音の伸びが弱く感じる。特に高音に関しては、女性歌手の曲で違いがはっきりする。次に通話である。先ほど述べたように、SONY製のMDR-EX750BTはマイクが首元にあるので、しっかりこちらの声を拾ってくれる。しかし、マイクの位置が首元に近いから、冬など首元にマフラーなどをしていると、マフラーがマイクに触れ、すれたような雑音が発生するときもある。その一方、Beats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンはマイクの位置が耳元にあるので、その心配はない。だが、マイクの位置が耳元にあるため、外出時など、雑音が多い場所での通話には向かない。どうしても相手に対して声が遠くなってしまう。ワイヤレスの利点がなくなってしまうが、付属品の中に、マイク付きのコードがあるため、外出時に電話する時は、そのコードを使用するようにしている。このコードを使用している場合は、丁度マイクの位置が口元にくるため、SONY製のMDR-EX750BTよりしっかり相手方に声が届く。

 

音質については、個人の好みがあるため断定したことはいえない。しかし、筆者みたく、高音の伸びに気持ち良さを感じ、特に女性歌手の曲を聴くことが多い人には、SONY製のMDR-EX750BTをおすすめする。また、外出時に電話することが多い人にも同様である。しかし、Beats Studio Wirelessオーバーイヤーヘッドフォンが劣るとも思わない。尖った音質ではないが、バランスのとれた気持ちのよい音を奏でてくれる。また、iPhoneユーザーなら、iPhone本体の色とコーディネートすることもできる。そう考えるとAppleらしく、音楽を聴くという目的以外での楽しみ方を提供してくれるのはさすがである。気になった方はぜひ、店頭で手にとって見てほしいと思う。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧