MacBookとiPad

iPadはiPadProの登場以降、急激に進化している。iPadAir2までは、モバイル性を強化しつつ、高性能化を進めてきた。しかし、iPadProシリーズは、本体のモバイル性は変わらないが、Apple Pencilやスマートキーボードなどアクセサリーを多様化し、本体の多様性を強化している。むしろスマートキーボードやApple Pencilを携帯するとモバイル性が損なわれる。

スポンサードリンク




MacBookのモバイル性

2015年に登場した、MacBookは割り切った仕様にすることで、モバイル性をかなり強化した。本体の最薄部はiPadより薄い。またiPadProにスマートキーボードを装着すると、MacBookのほうが軽い。しかし、MacBookのエントリーモデルに搭載されているCoreM3プロセッサーは、過負荷を与える作業に向かない。特に、動画や写真の編集など、MacBookProやiMacなどで行ってきたユーザーにとってはストレスだろう。だが、これらの作業をMacBookでできないわけではない。逆にiPadProに搭載されているA9Xプロッセッサーは基本性能を大幅に強化している。写真や動画の編集、特に4Kの動画編集まで行う性能がある。ただし、インターフェイスがタッチに強化されているiPadは、写真や動画の編集を行うことはできるが、作業しにくいというユーザーもいる。iPhone7シリーズに搭載されているA10Fusionチップはクロック数(処理速度)、クアッドコア(4コア)へと強化されている。A10FusionチップとCoreM3プロセッサーを比較すると、A10Fusionチップのほうが、ベンチマークスコアが高い。次期iPadProが搭載されるA10XチップはCoreM5プロセッサーにも迫るだろう。

 

MacBookとiPadの違い

MacBookとiPadの使い勝手はどんどん類似してきている。MacBookもiPadも、インターネットの閲覧、メールやSNSの確認など、「生産」より「消費」に向いている。しかし、性能の強化に伴い「生産」にも対応できるようになってきている。だからこそ、ユーザーはiPadとMacBookのどちらが使いやすいか迷うだろう。大きく異なるのは、もちろんOSである。iPhoneやiPadで使用できるアプリが、MacBookでも使用できるアプリには数に限りがある。対応していない場合は、ブラウザに頼るしかない。また、MacBookはLTEモデムに対応していないため、Wi-Fiに頼るしかない。同じApple IDでログインしているiPhoneとMacBookは、Instant Hotspot機能で簡単にテザリングすることができるが、iPadのセルラーモデルと比較すると、利便性は落ちる。またテザリング中のiPhoneの電池残量も気にしなければいけない。

MacBookとiPadと、どちらがおすすめかというと、とどのつまり、どちらが好きかで選ぶといい。筆者は、スマホ世代にしては、フリック入力があまり得意ではなく、キーボード入力のほうが楽である。また、慣れてないせいもあるか、ブロクを書く際も、入力はiPadやiPhoneで行うこともあるが、最終的な編集は、MacBookで行う。移動中など、外出先では、iPadのほうが便利な時もあるが、基本はMacBookで行う。ユーザー各々、使い方や状況は異なるが、もし、iPadとMacBookで迷っているユーザーがいるなら、MacBookを筆者はおすすめする。

スポンサードリンク




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧