iPad Pro9.7インチモデル

今更であるが、iPad Pro9.7インチモデルについて少しふれたいと思う。2016年3月に、iPhoneSEと一緒に発表された。iPadAir2の後継機として発表されると予測されていたが、蓋を開けてみると、ちょっと毛筋が違った。

スポンサードリンク



iPadAirの実質廃止

iPadPro9.7インチモデルは、iPadProのラインナップに9.7インチサイズのモデルを追加したという立ち位置にある。Appleはこの9.7インチというサイズが最も好まれ、最も使いやすいサイズとしている。2015年年末に、Appleは12.9インチのiPadProを発表した。パソコンとタブレットを融合させるという観点からではなく、タブレットがパソコンのように使えるという観点で、A9Xプロッセッサーの採用で、この世の中で8割以上のパソコンより快適に動作するといわれ、またAppleのモバイル製品として初めてRAMを4Gにした。さらに、タブレットの長所を生かし、Apple Pencilを発表し、また本体を保護するケースにもなるスマートキーボードも発表した。RAMに関しては、Appleの特権とも言えるが、ソフトとハードを同時に開発してるからこそ、お互いを最適化し、少ないRAMでも快適に動作していた。だからこそ、4Gを採用したことで、4Kの動画編集など、従来、MacBookで行ってきたことを快適に行うことができる。また、クリティブな作業にも活用できると発表時には、MicrosoftやAdobeのプレゼンテーションが行われた。しかし、デスクワークで使うには、非常に利用しやすいが、モバイル端末としては、その大きさがデメリットとなっている。そこで登場したのが、9.7インチモデルである。iPadProと同様に、クリエイティブな作業を効率的に行えるように、Apple Pencilやスマートキーボードへの対応、また同様のプロッセッサーを採用し、動作環境も最大化している。実質このiPadPro 9.7インチモデルが登場したことによって、iPadAir2の後継機種は発表されず、既存モデルの値下げにとどまった。

 

iPadPro12.9インチモデルとの違い

まず、RAMが2Gと9.7インチモデルのほうが少ない。しかし、筆者個人の感覚では、ほとんど差がないように感じる。二つ目は、カメラ性能である。9.7インチモデルは、iPhone6sシリーズと同様のカメラを搭載しており、1200万画素の高画質であり、Live Photosや4K HDビデオ撮影など、iPadで最高のカメラを楽しむことができる。またTrue Toneディスプレイを採用しており、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に適応させ快適に使用することができる。また細かい変更点ではあるが、セルラーモデルのみであるが、Dラインと呼ばれる樹脂の線が目立ちにくくなっている。スピーカーも上下2つずつ搭載しており、iPadAirの時よりは明らかに迫力が増しているが、12.9インチモデルに及ばない。またiPadAirと比較すると、12.9インチモデルも9.7インチモデルも公称もバッテリー持続時間は変わらないが、体感的に電池持ちが悪くなっているように感じる。

 

次期iPadProの情報(追記あり)

 

気軽に持ち歩きたく、かつ万人受けしやすいのは、間違いなく9.7インチモデルである。しかし、かといって12.9インチモデルが持ち運べない大きさではない。確かに持ち運ぶためのバックを限定されてしまうが、リュックなどにいれてしまえばさほど負担にならない。重さは初代iPadと同程度の重さであり、持ってみると、本体の大きさの割には軽く感じ、そしてかなり薄く感じる。9.7インチモデルは、カラーバリエーションもiPhone6sシリーズと同様に4色展開となっており、iPhoneやAppleWatchとのコーディネーションをしやすい。またサードパーティ製のケースも豊富にあるのも9.7インチモデルだ。AppleWatch程ではないが、iPadもあれば便利だけど、なくても困らないという存在である。正直、AppleWatch含めてiPadも使ってみないと、その良さは分からない。Appleの半期ごとの売上をみる限り、iPadの売上はどんどん減少している。これはiPadに限らず、タブレット市場全体にいえることだ。また、iPad売上全体の3分の2以上はiPadminiとiPadAirが占めている。低価格ということもあるが、大半の人々はiPadのPro化を求めていない。また次期iPadminiもPro化するという予測がでているが、果たしてどれくらいの需要があるのか。この苦境の中、Appleが、iPadのどのような道筋をたてるのか楽しみである。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧