iPhone8の噂

2017年は、iPhoneにとって発売10周年と節目の年になる。このことから大規模なモデルチェンジがされると予想されている。またこのことから、時期iPhoneはiPhone7sではなく、iPhone8となると予想されている。このiPhone8の噂について触れたいと思う。

スポンサードリンク




ワイヤレス充電に対応

iPhone8はワイヤレス充電(置き型充電)に対応すると言われている。ただこの技術は、SAMSUNGなど競合他社も採用している技術である。また日本国内においても富士通のスマホなどに採用されていた経緯がある。iPhone8に採用されるかどうかはサプライヤーの生産効率にかかっていると言われている。

ホームボタンの廃止

iPhone7シリーズにおいて、ホームボタンの仕様が変更となり、他のApple製品にも採用されている感圧式に変更になった。しかしiPhone8においては物理的ホームボタンが廃止され、液晶部分に統合されている。GoogleがリリースしているAndroidにおいてもソフトウェア上は液晶下部におけるホームボタンに対応している。ホームボタンを液晶に統合することで、本体の大きさを変えずに、画面サイズを大型化することもでき、また、画面サイズを変えずに本体サイズを小型化することもできる。しかし、バッテリーとの兼ね合いもあるため、時期A11チップやIOS11に期待したいところだ。

3モデル構成

iPhone8は画面サイズの違いにより3モデル構成になると言われている。現存の4.7インチモデルと5.5インチモデルに5.0インチモデルが追加されるといわれている。ただし、この情報をかなり錯綜しており、画面サイズは既存モデルから変更はないが、プレミアムモデルが追加されるともいわれている。現に、iPhone7とiPhone7plusでは、カメラの性能に差をつけるなど差別化が進んでいる。このことからも、iPhone8においてより液晶サイズ以上に、差別化が明確化すると考えられている。

本体の材質をガラスに変更

iPhone5以降、本体の材質にアルミが採用されてきた。また、iPhone6sシリーズ以降はより強固な宇宙工学に使われる7000番台のアルミを採用してきた。しかし、iPhone5のブラックモデルの廃止やジェットブラックの生産効率の悪さなど、ブラックモデルは磨耗に弱く、また生産効率も悪い。このことからも、iPhone8からは本体の材質にガラスを採用すると言われている。

 

http://gazyekichi.com/2016/11/30/%e6%ac%a1%e6%9c%9fiphone%e3%81%af5%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e5%b1%95%e9%96%8b%e3%81%ab%ef%bc%81%ef%bc%9f%ef%bc%8811-30%ef%bc%89/

 

簡単ではあるが、時期iPhone、iPhone8の噂をまとめてみた。Appleは、革新的企業というイメージも強いが、それ以上に既存の技術を洗練化するのも上手いと思う。何よりTouch IDにおける指紋認証技術は既存の技術でありながた、ソフトウェアとハードウェアの観点から、上手く洗練化し、指紋認証の良さを改めて実感する機会ともなった。国内では、以前から富士通などが採用してきたが、精度の悪さから、指紋認証機能が搭載されていも使わないユーザーは現に多かった。しかし、iPhoneが採用したことで、指紋認証へのイメージは大きくかわり、競合他社も指紋認証を採用するようになった。Appleは後出しじゃんけんが強いと思う。上記でまとめた噂は既存の技術であり、競合他社も採用しているがAppleがどう見出してくれるか楽しみである。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧