iPhone7は日本独自仕様に!?

Phone7は、今までのiPhoneシリーズに比べ、特に日本人向けの機能がアップデートされた。しかし、それは、Androidのスマートフォンを使っていた人からすれば、今更感は否めない。世界市場で見ても、シェアを伸ばしている地域は少なく、特に日本市場くらいしか目立たない。だからこそAppleは日本市場に目を向けたアップデートをしたと考えられる。

スポンサードリンク



防水防塵機能の追加
特に日本市場において、防水機能はガラケーの時代からあり、スマートフォンに移行してからも、ハイエンドモデルに関わりなく、ほとんどのスマートフォンが対応していた。インターネットの普及に加え、人々のスマートフォンにおけるライフスタイルの変化に伴い、防水機能は重宝されてきた。少し前までは、サムスンのGALAXYシリーズをはじめ、海外産のスマートフォンは対応してなくても仕方ないと割り切れていたが、今は海外産のスマートフォンも、日本国内モデルにおいては、防水防塵機能に対応してることが多くなってきている。だからこそ、iPhoneは取り残された感が否めなかった。一時期、日本市場におけるスマートフォンのシェア率が6割を超えていたiPhoneだからこそ、もっと防水防塵機能に対応させるべきと思った。しかし、その反面、AppleはiPhoneやiPadなど、モデムの単一化を進めており、特定の地域における、ローカライズをするとは考えられなかった。このタイミングで防水防塵機能を追加したAppleの真の意図は見えないが、相変わらず後出しジャンケンは上手いと思う。
 FeliCaへの対応
FeliCaへの対応は長らく噂され、何年も対応してこなかった。電子決済が普及している日本市場において、おサイフケータイ(FeliCa)は重宝されてきた。筆者はおサイフケータイを使いたいために、iPhoneとAndroidスマートフォンの二台持ちをしてたくらいだ。また、おサイフケータイが使えないために、AndroidスマートフォンからiPhoneへ機種変更をしないというユーザーも多くいた。一時期、モバイルSuicaの登録ユーザーが400万人を超えていたが、iPhoneユーザーの増加に伴い、登録者数も減少していった。今後iPhoneがApple Payを通してどれだけモバイルSuicaを登録していくのか、その動向も楽しみの一つである。ただ、Apple Payを通してSuicaを使えることになっても、それはおサイフケータイに比べるとほんの序章にしか過ぎない。楽天Edyや、nanacoへの対応、また、マツモトキヨシポイントカードや、モバイルスターバックスカードなど国内で多くのユーザーが利用してるサービスなどにはまだ対応していない。また海外版のApple Payと違い、日本で対応した、I.DやQuickpayはどちらかというと少額決済に多く使われている。最近海外では、Apple Payを通して1億円が決済されたというから驚きだ。
日本市場独特の発展をとげた、ガラパゴス機能を今回がiPhoneが対応してきたことは素直に嬉しいことである。ただ、まだ始まりに過ぎず、今後、Appleがどのような対応していくのか楽しみである。

スポンサードリンク


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧