iPhone7のデザイン

来年2017年がiPhoneにとって10周年となることから、2017年に発売されるiPhoneは大幅なモデルチェンジと予想されている。そのことからも、今回のiPhone7シリーズは2年周期のナンバリング変更のタイミングでありながら、大幅なアップデートはされないと発売前から予想されていた。その予想は当たっていた。カメラ周りのアップデートにより、わずかなデザインの変更あったが、期待されるほどの大幅な変更はなく、ほぼ、iPhone6sシリーズと変化はない

スポンサードリンク




%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-02-17-05-03

 

iPhone7plusのブラックモデル

ブラック・ジェットブラックモデルと、新色が2色追加され、iPhone5シリーズまでのブラックモデルが好きだった人にとっては喜ばしいラインナップの追加である。ただ、iPhone5sシリーズでブラックモデルが廃止され、スペースグレーモデルが追加された背景には、生産時においての傷のつきやすさによることからである。あえて今回、ブラックモデルを追加されたことは喜ばしい反面、製造過程における傷のつきやすさが技術的に解決できたのかと疑問に思った。案の定、ジェットブラックモデルは製造過程における生産性の悪さが目立ち、人気が集中していることと輪にかけ、さらに出荷が遅れていると言われている。また普段使いにおいても、傷がつきやすいといわれており、公式においても、ケースの装着を推奨されている。ただ上品のある光沢は非常に所有欲を満たしてくれる仕上がりになっており、今までのiPhoneとは違った存在感になっている。

iPhoneのDライン

また、評価が分かれたDラインも両端によせてあり、スッキリした印象がある。特にブラックモデルはDラインが目立ちにくく、遠目ではわからない程度になっている。Xperia X performanceのグローバルモデルにおいては、アルミを採用しているが、背面にiPhoneのようなDラインがなくデザインがすっきりしている。(ただ国内版においては電波感度をあげるために樹脂ラインを採用している。)2017年モデルはガラスが採用されると噂されているが、ガラスを採用することでDラインがどうなるのかは楽しみの一つである。

今回はデザインのことにふれたが、個人的には、iPhone7シリーズのデザインには大変満足している。スマートフォン市場における成熟期の今、大幅なデザインの変更や性能面の変化は期待できない。このような状況の中で、Appleが毎年どのように我々消費者を楽しませてくれるか期待している。
スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧