iPhone

「デュアルレンズ」はさらなる高みへ!次期「iPhone9」シリーズのカメラは1200万画素以上に!?

次期「iPhone8」シリーズの発表を直前に控えている状態で、話は少しずつ2018年に発表が予測されている次期「iPhone」の話にうつりつつあります。今回、2018年に発売される次期「iPhone」は現行モデルよりカメラがかなり高画素化するとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「2018年に発表の次期「iPhone9」には「L字型」のバッテリーを採用か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

2018年モデルはより高画素化へ!

 

先日の情報では、2018年に発表される次期「iPhone」シリーズにおいて、今年の「iPhone8」シリーズと同様に「3モデル」展開になる可能性があると予測されています。詳細は「2018年に登場する「iPhone9」シリーズも3モデル展開に!?」をご参照下さい。さて今回Phone Arenaによると、Appleは台湾メーカーであるLargan Precisionと、次期「iPhone」に搭載が予測されるカメラレンズモジュールの新たな契約を結んだとの報告をしています。

今回の情報によると現行の「iPhone7」シリーズにおいて、カメラは「1200万画素」ですが、より高画素化されるとしています。またLargan PrecisionがAppleが要求するレベルのカメラレンズモジュールを製造できるサプライヤーであるともしています。今回の契約によりLargan Precisionは新しく工場を新設するとしており、現行の工場の6倍である約「6億個」を月に製造できるようになるとしています。

さらに、この新設される工場では、「デュアルレンズカメラ」、より暗所での撮影に優れたカメラレンズ、そして3Dセンシングを扱うことが可能なカメラレンズなどを製造することが可能になるとしています。競合他社のスマートフォンと比較すると、「iPhone」に搭載されているカメラは高画素化が少し遅いです。現に長らく800万画素でした。

今回の情報では、高画素化するとはいっても、何万画素に高画素化するかは判然としません。しかしながら、「Xperia」のように2000万画素まで大幅に高画素化することも考えにくいと考えられます。今までの流れを見れば「1600万画素」くらいに落ち着くとも考えられます。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. iPhoneはAndroidより故障しやすいのか!?
  2. 次期「iPhone」の純正ケースはワイヤレス充電に対応か!?充電…
  3. Apple「iPhone SE」に128GBモデルを追加!
  4. iPhone8は落下しても壊れない!?
  5. Apple Payにアプリ決済の機能を追加か!?
  6. 「iPhone6」の「32GB」モデルが破格のお値段で世界各国で…
  7. Appleは次期「iPhone」にチタン合金を採用か!?
  8. 「iOS11」では、「Wi-Fi」のパスワードを共有する機能が追…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

フリーランスになりませんか?

PAGE TOP