iPhone8

次期「iPhone8 Edition」のパーツの製造は開始されたばかり!?やはり大幅に発売日がずれこむ!?

先日には、Appleは関係メディアにイベントの招待状を配布し、「9月12日」にイベントが開催されることが正式に発表されました。このイベントは「iPhone8」を含めた4つの新型デバイスが発表されると予測されていますが、今回最も注目を集めている「iPhone8 Editon」の発売日に関する情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「Appleが「9月12日」にイベントを開催を告知したので新デバイスの情報をまとめてみた。個人的に注目は「iPhone7s Plus」!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

発売はやはりずれこむ!?

 

先日の情報では、「iPhone7」シリーズのマイナーアップデート版になると予測されている「iPhone7s」においても、「ガラス」の筺体の採用や、「ワイヤレス充電」の対応など、大幅な仕様の変更が伴うことから、プレミアムモデルを含めて「iPhone8」シリーズに統一される可能性があるとされています。詳細は「今年発表が予測されている次期「iPhone」の名称は「iPhone8」シリーズに統一か!?」をご参照下さい。

さて今回The Investorによると、サプライヤーからの情報として、次期「iPhone8 Editon」の発売日は「11月」までずれこむ可能性が非常に高いと報告しています。発売日が「10月」から「11月」にずれ込むことは事前情報とも一致しており、次期イベントで発表されてもすぐに発売を開始しないと考えたほうが無難かもしれません。

今回の情報によると、「iPhone8 Edition」の発売日が大幅にずれ込む最大の要因として、Appleは「iPhone8 Edition」の仕様が確定するのに大幅に時間がかかり、サプライヤーが部品の製造に着手したのが「8月下旬」だからだとしています。一部情報においては、大量生産が発表後の「9月第3週」になるとも予測されていましたが、今回の情報を考慮すればそこまでの差異はありません。

またApple関連のリーク情報に定評のあるKGI証券のアナリストである Min-Chi Kuo氏も、初期出荷量は全世界で僅か「200万台から400万台」程度になるとしており、現状において発売を開始したとしても発売後の絶望的な品薄はのがれられません。

iPhone発売10周年を記念したプレミアムモデルである「iPhone8 Edition」は、それこそ今年発売してこそ意味があります。今後さらに何かしらでドタバタして年内の入手がほぼ不可能という状態だけは避けてほしいと考えてしまいます。

 

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 次期「iPhone8」の3Dタッチ液晶は60%以上のコスト増加か…
  2. 次期「iPhone8」のカラーラインナップが判明!?まさかの!?…
  3. 「iPhone8」の新たなモックアップが公開!「iPhone7 …
  4. やはり「iPhone8」は10万円を超える模様。そして「iPho…
  5. ただのマイナーアップデート版ではなかった。Apple「iPhon…
  6. 次期「iPhone8」の大量生産中のバックパネルを撮影した動画が…
  7. また新たな次期「iPhone8」の図面がリーク!また「Touch…
  8. これならありかも!次期「iPhone8」の「Touch ID」は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

フリーランスになりませんか?

PAGE TOP