Android

ついに出荷開始!「Essential Phone」のレビュー記事が公開に!

当初の予定では、「6月30日」を目処に出荷を開始するとされていましたが、約2ヶ月遅れで予約者に対して出荷を開始すると案内していることが判明しました。日本での展開は正式発表されていない中海外では一足先にレビュー記事が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は「ようやく!「Essential Phone」は「8月23日」にまで発売を開始か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

レビュー記事が公開に!

 

先日の情報では、すでにアメリカのAmazonでも予約が可能になっており、「9月1日」より順次出荷を開始することが判明しています。詳細は「「Essential Phone」の予約注文がAmazonでも可能に!?出荷開始日は!?」をご参照下さい。さて今回GSM Arenaによってレビュー記事が公開されていたのでご紹介したいと思います。

まず「Essential Phone」は「snapdragon835」にRAMが「4GB」、ストレージは「128GB」とハイエンドモデルにふさわしいスペックを搭載しています。通常の機種変更サイクである2年よりは長く使うことが期待できるとしながらも、何か特筆すべき点があるわけではなく、アメリカ市場で成功するには難しいのではないかとしています。

一方で、「Essential Phone」は「チタン」を採用したシャーシで構成されており、バックパネルは「セラミック」を採用しています。このことからも日常使う上で、落としたりしたとしても、他社のスマートフォンと比較すると傷がつきにくいとしています。ちなみに、チタンはモーススケールだと「9」となっており、「サファイヤ」と同程度の硬さになっています。

 

 

堅牢さも兼ね備えている「セラミック」ですが、バックパネルを確認して頂くとわかる通り、非常に光沢感があり「高級感」があります。特に背面においては、「指紋認証」がインパクトあるように見えますが、余計なボタンやセンサー、ロゴなどが配置されていないため、非常にすっきりした印象となっています。また「ディスプレイサイズ」のわりには、サイド部分が軽く「Edge」スタイルを採用しているため、持ちやすさにもこだわっていることを確認することができます。

 

 

そして最後に「360カメラ」を設定した画像が上記の画像になります。専用アクセサリーとして大々的にアピールされている「360カメラ」ですが、残念なことに未だ具体的な出荷時期などは判明していません。本体背面に接続する部分があり、そこで固定するようになっているとしています。そこの接続部分から電力を供給し、「360カメラ」が使用することが可能になるとしています。

「Essential Phone」の電池容量は「3040mAh」と決して大きなバッテリーを搭載しているわけではありません。このことからも「360カメラ」を接続した場合どれだけの電池が消費してしまうのかは非常にきになるところです。今回公開されたレビュー記事を見る限り、非常に質感も良く、スペック的にも完成度が高いと考えられます。ただやはり残念なのが、発表が上半期に行われたのに対して、実際の発売がほぼ下半期にずれてしまったことです。

やはり下半期のスマホが発表されるこの時期に「Essential Phone」を即購入を決断するのは難しく、やはり新機種がある程度発表された後、改めて購入を考えるユーザーも多いかと考えられます。そして何よりまずは日本で正式展開されるのか今から楽しみです。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



 

関連記事


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 年内に対応機種が登場!ついに「4G」+「4G」の同時待ち受けが可…
  2. 「Essential Phone」の発売は延期に!?
  3. MWC2017でLG G6の登場か!?
  4. またGALAXY。。。飛行機内で爆発!?
  5. Galaxy S8のロゴが流出か!?
  6. Louis Vuittonがスマートウォッチを発売に!
  7. 完成度の高い「Galaxy S8」のレンダリングが公開!
  8. いよいよ富士通まで携帯事業を撤退か!?国内メーカーは残り3社へと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

フリーランスになりませんか?

PAGE TOP