Apple Watch

「Apple Watch series 3」でさらなる勢いに!?さらに出荷台数が増加か!?

一時期販売不振がうたわれていた「Apple Watch」ですが、「Apple Watch series 2」の発売以降、非常に好調であり先日の情報ではウエアラブルデバイスのパイオニアであるFitbitを抜かして、ついにシェア1位になったとされています。今回、2017年はさらに勢いを増すとの情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報は「「Apple Watch」がついにシェア1位へ!やはり売れている模様!」をご参照ください。

 

スポンサードリンク



 

さらに出荷台数は増加か!?

 

先日の情報では、今年の9月に開催される次期「iPhone8」のイベントにおいて、「Apple Watch series 3」が同時に発表されると予測されています。詳細は「次期「Apple Watch series3」は最終設計段階に!?大量生産直前か!?」をご参照下さい。さて今回DigiTimesによると、サプライヤーからの情報として、今年の第4四半期の「Apple Watch」の出荷台数は「450万台」になり、2017年通して「1500万台」を超えるとしています。

「SAMSUNG」や「LG」そして「Huawei」のスマートウォッチの売り上げは低調のままに対して、かつて勢いのあった「Fitbit」や「Xiaomi」は売り上げがどんどん下落しているとされています。ちなみに2015年の「Apple Watch」の出荷台数は「1360万本」で2016年は「1160万本」とされており、いかに「Apple Watch series 2」以降が好調なのかはっきりわかる形になります。

「Apple Watch」にも言えることですが、スマートウォッチ自体が「電池持ちの悪さ」や「スマートフォンとの機能の重複」など、「時計」としても、「デバイス」としても中途半端な存在であることが、予測されている需要に満たない大きな原因だとしています。一方で「Apple Watch series 3」においては「LTE接続」に対応すると言われており、「デバイス」としての機能を大幅に強化してくることになります。詳細は「次期「Apple Watch series 3」は地域限定発売に!?さらに販売店も限定の可能性が!?」をご参照下さい。

今回の情報によれば、「Apple Watch series 3」の登場は、「Apple Watch」の出荷台数の後押しだけではなく、スマートウォッチ全体の後押しにつながるとしています。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 次期「Apple Watch」用スポーツバンドがリークか!?
  2. AppleWatch series0の使用感
  3. どんな仕様になっているのだろう?「Air Power」は「App…
  4. 初代「Apple Watch」が故障した場合、まさかの「Appl…
  5. 次期「Apple Watch series3」のデザインが判明か…
  6. 次期「Apple Watch」は、「睡眠」アプリを強化か!?
  7. Apple Watchで新機能「シアターモード」が利用可能に!?…
  8. Apple PayとSuica

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Twitter でフォロー

フリーランスになりませんか?

PAGE TOP